当サイトへようこそ!

サイト概要

 
キャリア教育って、ご存知ですか?

キャリア教育とは、平たく言えば

将来や就職に関する意識を高め、必要な能力を養うための教育のことです。

このサイトでは、小学校と中学校、それから高等学校でのキャリア教育というものについて、
管理人である私が自身の体験を元にちょっとだけ考えてみて、その内容をつらつらと書き綴っていきます。

進路について悩んでいる学生の方、あるいはそのご家族の方の参考になればいいなと思うのですが、
いかんせん内容が残念風味です。
また、サイト内のテキストの量がかなり多くなってしまい、おかげでかなり固めな印象を受けられるかもしれません。
ですので、適当に流し見しつつ鼻で笑いながら読んでいただければ幸いです(T▽T)

一応この下に、私がなぜキャリア教育について考えようと思うに至ったかを記しておきます。
長いので、こちらも斜め読みもしくは読み飛ばし推奨です。

考えてみようと思うに至った経緯(長いです)

経緯を語ります

 
はじめに簡単な自己紹介をさせていただきますと、管理人こと私は現在就職活動中の20代後半の愛知県民です。
昨年の3月まで学生の身分でおりましたが、就職活動が振るわず、就職先が決まらないまま大学を去ることとなってしまいました。
その後1年以上の空白期間を作成することになってしまいながら、現在に至ります。

このような身分でありますゆえ、自分の将来について日ごろから深く思い悩んでおります。
本当はよくないのですが、「どうしてこうなった…!」などと後悔の念に苛まれてしまい、
頭を抱えて悶絶してしまうことも割とよくあります。

そのように暗黒面に堕ちてしまいそうになることが多々あるのですが、
落ち着いて、客観的に自分のこれまでの人生を振り返ってみると、
自分の学生時代の、就職に対する意識の低さが思い出されました。

思い返すと、本当に何も考えていなかったように思います。

単位を揃えることでいっぱいいっぱいになり、単位を揃えて卒業した後のことはほぼ完全に頭から抜けてしまっていました。
3年次の冬に進路ガイダンスがあったのですが、そこでもあまり考えずに、
学部生の8割が大学院に進学するからじゃあ自分も、という理由で進学を決めました。

大学院へ進学後も、就職に関しては先輩の話をちょこちょこ耳にして「ああそうなんだ」と、
まるで人ごとのようにしか考えていなかったかもしれません。
そんな調子でいたためか、修士2年の4月になっていざ就職活動を始めようという時になってもどうにも動けず、
数社適当に受けただけで投げ出してしまい、結果留年した挙句、翌年度も同じようなことを繰り返してしまいました。
これ以上留年したくないと思い、その年度で修士論文を何とか提出して半ば逃げ出すように大学を出ました。

そして、思考停止状態の引きこもり生活が始まった―――
そんな感じでした。

私がそんな風であった一方で、そういえば研究室のとある後輩は就職について本当によく考えていた覚えがあります。
その意識の差は一体どこから現れたのか。ふとそのような疑問が浮かびました。
家庭環境や友達付き合いは、就職意識にかなりの影響を与えているのではないかと思います。
また、就職についての意識や考え方は小さい頃からこつこつ積み重ねて形成されていくものではないか、とも考えました。

そんなことを思ったり考えたりしながらぼんやりとネットで検索などをしていた折、キャリア教育という言葉を目にしました。

キャリア教育というのは、上の方でも述べましたが、
平たく言えば将来のことや就職に関する意識を高めるための教育のことです(本当かなあ)。

そこで、小学校中学校及び高校ではキャリア教育というものが実際どのようになされているのかをちょっとだけ調べたり、
私自身どのような教育を受けてきたのかをちょっと振り返ってみたり、
それらを通してキャリア教育がどのようになされていくべきかをほんのちょっとだけ考えてみたりしてみようと思い立ったのでした。

以上が、当サイト立ち上げの経緯です(本当に長くなっちゃいました)。



Home
サイトマップキャリア教育とは学校教育におけるキャリア教育私のキャリア教育体験(?)おわりにリンクページブログ

Copyright © 2011 - 2017 mind-the-career.dgg.jp