学校教育におけるキャリア教育

学校教育におけるキャリア教育

学校教育におけるキャリア教育のイメージ?

小中高などの学校教育におけるキャリア教育とは、いわゆる「進路指導」のことです。

しかし、現在では進路指導が行われる機会が大学などの上級学校に偏ってしまっている(出口指導といいます)ため、
小中高での進路に関する指導を新たに定義するために「キャリア教育」という言葉が使われるようになったそうです。

キャリア教育という言葉が初めて使用されたのは、
1999年の中央教育審議会答申「初等中等教育と高等教育との接続の改善について」で、
この答申の中で次のように述べられたとのことです。

「学校と社会及び学校間の円滑な接続を図るためのキャリア教育
(望ましい職業観・勤労観及び職業に関する知識や技能を身につけさせるとともに、自己の個性を理解し、
主体的に進路を選択する能力・態度を育てる教育)を小学校段階から発達段階に応じて実施する必要がある」

                                                        (キャリア教育‐Wikipediaより)


上の文章からキーワードをいくつか拾ってみますと、次の辺りになります。

望ましい職業観・勤労観及び職業に関する知識や技能
自己の個性を理解し、主体的に進路を選択する能力・態度
(これらを育てる教育を)小学校段階から発達段階に応じて実施する必要がある

望ましい職業観や勤労観、職業に関する知識や技能、自分のパーソナリティの理解、主体的に進路を選択する能力と姿勢…。
いずれも非常に重要なもののように思います。

2006年11月に文科省内協力者会議にて作成された「小学校・中学校・高等学校キャリア教育推進の手引」では、
キャリア教育において身につけさせる力として以下の内容構造案が示されています。

(1)人間関係形成能力(自他の理解能力とコミュニケーション能力)
(2)情報活用能力(情報収集・探索能力と職業理解能力)
(3)将来設計能力(役割把握・認識能力と計画実行能力)
(4)意志決定能力(選択能力と課題解決能力)
                (キャリア教育‐Wikipediaより)


いずれも、社会に出てやっていくためには必要不可欠と言っても過言ではなさそうです。

背景

学校教育におけるキャリア教育の推進が必要であるとされる背景について、
文部科学省は特に若年層における社会人・職業人としての資質・素養の欠如や、
その背景にある精神的・社会的な自立の遅れを問題視しています。
その顕著な事例として、子供たちの生活や意識が次のように大きく変化していることを指摘しています。

・人間関係を上手く築けない
・自分で意志決定が出来ない
・自己肯定感が持てず、将来に希望が持てない
・進路意識や目的意識が希薄なまま進学し、就職しても長続きしない


これが長じて若者の中にもモラトリアム(自分探し)の傾向が強くなり、
定職を持たない「フリーター」や学校教育も受けず職にすら就かない「ニート」、
新卒者の早期離職を表す現象「七五三現象」(新卒で入社した新人の3割が3年以内に退職しているという問題です)
などが発生・増加したとの見解を示しています。

とても深刻な問題であると言えます。



Home
サイトマップキャリア教育とは学校教育におけるキャリア教育私のキャリア教育体験(?)おわりにリンクページブログ

Copyright © 2011 - 2019 mind-the-career.dgg.jp